南三陸子ども自然史ワークショップ2022に「アンモナイトレプリカ」で参加します

各イベントで好評を頂いている「アンモナイトレプリカ」を宮城県南三陸町の 南三陸町自然環境活用センターで行います。

オンラインイベントや野外観察まで内容盛り沢山で参加する私たちからもう楽しみです!

各種イベント・お申し込みはこちらから↓(画像をクリックすると南三陸ネイチャーセンター友の会のページにとびます)

※参加には申し込みが必要です→https://mknhws2022.peatix.com/view

オンラインイベントは7/8なのでご注意を!

光は何色?〜江戸川環境フェア

6/5に江戸川区総合文化センター前広場にて開催された江戸川環境フェアにて

「光は何色?」と題して波長ごとに分光された光を観測できるオリジナル分光器を作りました。

コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2年ぶりの開催となりました。

ワクチン接種も進み関係者様や来場の皆様の感染対策のもとのようやくワークショップの開催ができました。本当にありがとうございました。

今回の目玉は誰でも分光器を作れることとLD、白熱灯、ネオン電球や水銀灯といった様々な光源の波長を見ることができるということでした。

image

特にネオン電球、水銀灯は博物倶楽部のメンバーの協力もあり実現できました。

100名を超える参加者の中には積極的に参加して「ここが一番楽しかった」という声も頂きました。

構想数年をかけたイベントが無事好評で我々の励みになります。

image

今後も面白い企画が出来るよう博物倶楽部一同、頑張っていきます。

皆様よろしくお願いします。 

広報

アンモナイトレプリカ@妙典[gate]

 1/22にgateで開催された理科マルシェにて「アンモナイトの化石のレプリカを手作りしよう!」についての報告です。当日ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 このコロナウィルスの流行の最中行われたイベントでしたが、早々に予約が埋まり無事開催することができました。


 市川市の閑静な住宅街にたたずむgateは個人宅を改装した共有スペースで当日当団体含め3団体が科学実験・工作に関する企画を行っていました。博物倶楽部の会場は6畳ベランダ付きの和室で温かみのある雰囲気の中で行うことができました。1回の講座時間が30分でということで子供から大人も楽しんで頂ける内容で「アンモナイトレプリカ」を今回は選びました。スピード感のある中で開催するのは初めてでしたが多くの方に楽しんで頂きました。 

 使用したアンモナイトは学名:Kuranaosphinctes sp. マダガスカルから採取されたジュラ紀の化石です。この講座が始まる前にもアンモナイトの本物の化石を実際に触れることを聞いて「これ本物ですか!」と目を輝かせて質問する参加者のお子さんの姿が印象的でした。

 シリコンの型からアンモナイトレプリカを取りだす瞬間は真剣そのものです。取れた後の満足げな顔を見るとこちらも一安心でした。

 型が固まるまでのアンモナイトトークでは現生のオウムガイ・イカ・タコと比べたアンモナイトの構造や種類・生息していた年代や日本でみられる博物館を紹介しました。化石となっている生物の中で面白いグループであるためか「知ってるよ!、見たことある!」という声や中には「博物館でアンモナイトの説明を聞いたことがあるけど~はどういうことなんだろう」といったより発展的な話をしてくれる参加者も見られました。また、「コロナウィルス感染者増加の中で近々には足を運べないが興味があるのでぜひとも博物館に行ってみたい」という保護者の方の意見も聞かれました。
 企画を開催する上でその場だけではなくその後の行動に繋がる一幕となったり、私たちの学びにもなる場を作れたということは何より嬉しいことです。
今回からスタートしたイベントということで課題はあるものの皆さんの大事な時間となれれば幸いです。

 まだ、このコロナ禍がどう収束するのか終わりが見えないところではございますが、これからも博物倶楽部は面白い企画を作っていきます。
 今後とも何卒、よろしくお願いします。

開催予定・アンモナイトレプリカ@妙典

『みんな大好き、アンモナイトの化石のレプリカを手作りしよう!本物の化石にも触れられます!』開催のお知らせ

新年あけましておめでとうございます!

今年も博物倶楽部をよろしくお願いいたします!!

そして初めまして!今回から広報メンバーに新たに入りました、完山と申します!

さて、ここでお知らせです!

1/22の土曜日に千葉県の市川市で開催される理科マルシェに博物倶楽部も参加させていただきます。

実際のアンモナイトの化石と歯医者さんでも使われる本格的な材料から型を作り、レプリカを作成できるワークショップが開催されます!!

この型は持って帰ることができるので、お家でもっと作ることができるのです。

アンモナイトのお話もたっぷり用意しているので、帰る頃にはアンモナイト博士になれちゃいます。

参加費は1500円で対象年齢は小学3年生以上です。

新型コロナウイルスの対策のため1回3名で開催します。

▷ワークショップのスケジュール

※今回はありがたいことに満席をいただいております…!キャンセル待ちにつきましては、主催者さんにご確認お願いいたします。

1/22(土) 14回開催(各30分)

①10:00~ ②10:30~ ③11:00~ ④11:30~ ⑤12:00~

⑥12:30~ ⑦13:00~ ⑧13:30~ ⑨14:00~ ⑩14:30~

⑪15:00~ ⑫15:30~ ⑬16:00~ ⑭16:30~ 

▷予約サイト

https://airrsv.net/Exedra3/calendar

ぜひ遊びにきてくださいね!

2022年初のワークショップなので我々も気合満タンでございます。

▷公式サイト Exedra 理科マルシェ

https://www.facebook.com/DIYmuseum.Exedra/posts/1968684406635052

▷アクセス シェアスペースgate.

〒272-0114 千葉県市川市塩焼4-1-23(妙典駅から徒歩10分)

▷マップ

https://g.page/gate_myoden?share

おとなイベント@神保町ヴンダーカンマー

まだまだコロナウィルスの猛威が振るう中ですが今年も博物倶楽部は神保町ヴンダーカンマーに参加します。

近隣の皆様、会場にお越し頂いた際は当ブースで楽しんで頂ければ幸いです。

image

実施日:9/11, 18, 25(いずれも土曜日)

今回ご用意している6つのワークショップから好きなものをお選びいただき、1つ200円で体験できます。

ご参加いただき、ポイントを貯めると特典としてツク之助さんまたはカンブリ屋さんデザインのオリジナル缶バッヂをプレゼント

既にポイントカード(関啓子さんデザイン)をお持ちの方も大歓迎です

お品書き

1、電子ほたるを作ろう 

最近よく見かけるチカチカ点滅する発光ダイオード(LED)とコイン電池でほたるを作ります。

白熱球と違う仕組みとは…!ホタルの生活の話などスタッフとの話を楽しみながらご参加ください。

2、ベンハムの独楽

18世紀にイギリスで生まれた不思議なコマ「ベンハムのコマ」。

白黒の模様が描いてあるだけなのに、これを回すと・・・?

3、5角形の不思議 

動物の多くは左右同じ形をしていますが、この世界には実は5角形をした動物のグループもいます。

彼らの特徴を知りながら、紙でモデルを作ってみましょう。

正方形と星形にまつわる数学のお話も!

4、水滴顕微鏡 

ミクロな世界をのぞくのに必要なレンズ

実はありふれた材料と水だけで、小さなものをくっきり見られる顕微鏡が、作れてしまうんです。

5、飛ぶ種

植物はさまざまな方法を使って、なるべく遠くまで種を蒔いています。

実在する3種類の空を飛ぶ種のモデルを折り紙で作り、会場で飛ばしてみます。 

【おとなイベントの仕組み】

 「おとなイベント」と銘打たれたイベントにお越しいただいた方には、博物倶楽部のポイントカードをお作りいたします。来ていただいた日に参加されたプログラム1つにつき1ポイントおつけします。

Ex.1) 〇月〇日に「電子ほたる」と「水滴顕微鏡」に参加したAさん→ 2ポイントゲット!

Ex.2)△月△日に「電子ほたる」に参加し、×月×日にも「電子ほたる」に参加したBさん → 2ポイントゲット!

● ポイントカードを作成いただいた際に1つ、10ポイント貯めていただくごとにオリジナル缶バッヂを1つプレゼントいたします!

● 対象は中学生以上です。小学生以下のお子さんはご参加いただけません。

● 「おとなイベント」と表示していないイベントではポイントをおつけすることはできませんので、ご注意ください。

※参加に当たりスタッフ一同コロナウィルス感染防止に努めて参ります。

会場:奥野カルタ店(12:00~18:00)

東京都千代田区神田神保町2-26

東京メトロ・都営地下鉄 「神保町」A4出口より左折して 白山通り沿いを徒歩3分

JR中央・総武線「水道橋」東口より、 右折して白山通り沿いを徒歩7分  

詳細は公式ホームページより

https://jimbochowunder.tumblr.com/workshop

令和3年度サイエンスフェスティバル『水中のマジック』が掲載

オンラインイベント  サイエンスフェスティバルに動画が掲載されました

博物倶楽部の十八番の一つ醬油の容器で作った『浮沈子』を使った実験です。

どうしてペットボトルを押すと浮沈子が上がったり下がったりするのかみんなで考えてみましょう!

浮沈子の中の変化も必見です

https://sites.google.com/toda-ed.jp/science03/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?authuser=0

第12回南三陸子ども自然史ワークショップ2021」に参加します!

前の記事でも少し触れましたが、今年はオンラインイベントにちょくちょく参加します!ということで、広く申込ができるものについてはこちらでご紹介する予定です。

一発目はこちら。第12回南三陸子ども自然史ワークショップ2021です。

「5角形の動物のふしぎ」

7/23(祝)11:00〜/15:00〜(1時間程度)

定員:15名

参加費:500円

完全事前申込制(7/15〆切)←〆切のびました!

https://5kak.peatix.com/view

image

実は昨年度も関東からオンラインで参加したのですが、その際には南三陸町の小学生を対象にネイチャーセンターで実施したものでした。

今年はフルオンラインでの開催で、南三陸周辺以外にお住まいの方でもご自宅からご参加いただけます!お申込いただくと届く工作キットとハサミ、定規、筆記用具をご用意の上、ご参加ください!

申込〆切にはご注意を!