【連載】電子ほたる誕生物語(その5)

*******************

2.夏休みのイベントに初参加

いよいよ夏休みのイベントにデビューすることになりました。
 
イベントに参加するために企画書だけは締め切りに間に合わせましたが、手伝ってくれるメンバーは誰も決まっていません。活動中に暇を見つけては声をかけ5人ほど参加してもらえるめどが立ちました。
またこの時は博物館のボランティア担当でお手伝いしてくれる人を募集してくれていましたので、このルートからも数人集めることができました。

この時、私は作るための準備で手一杯になっていたため、見かねたメンバーの一人Hさんがゲンジボタルの一生を描いた大きな図を作ってくれました。この図は後にディジタル化して今でもあちこちで活躍しています。

学校が夏休みに入り開催も間近になった頃、初めて参加することでもあり、準備に関する確認のため夏のイベント担当のTさんのところへ伺いました。
すると博物館のホームページで夏休みのイベントのプログラムを見た一般の方から「電子ほたるってどんなものか」、「電子ほたるの工作とはどんなものを作るのか」などといった問い合わせがかなりあって一時対応が大変だったと聞かされ前評判が上々なのを実感し、いささか気をよくしました。

(つづく)

*******************

この図は実施が博物倶楽部に変わった現在でも大活躍しています(^^)
さあ、いよいよ初めての実施の日が近づいてきました!次回もお楽しみに!