【出展情報/おとなイベント】2019/7/27-28, 8/10-11  第5回神保町ヴンダーカンマー

既にTwitterではこくちされていますが、今年も神保町ヴンダーカンマーでワークショップを実施します!しかも今年は4日間開!7月27日(土)と28日(日)、8月10日(土)、11日(日)に開催です。昨年までの倍の日数ですので、是非ご調整いただければ(^^)d

5/26の渋谷区ふれあい植物センターさんに続き、今回も「おとなイベント」です!ご参加いただき、ポイントを貯めると特典としてツク之助さんまたはカンブリ屋さんデザインのオリジナル缶バッヂをプレゼント!既にポイントカード(関啓子さんデザイン)をお持ちの方も大歓迎です!

【おとなイベントの仕組み】

● 「おとなイベント」と銘打たれたイベントにお越しいただいた方には、博物倶楽部のポイントカードをお作りいたします。来ていただいた日に参加されたプログラム1つにつき1ポイントおつけします。

Ex.1) 7月21日に「電子ほたる」と「水滴顕微鏡」に参加したAさん→ 2ポイントゲット!

Ex.2)7月21日に「電子ほたる」に参加し、7月22日にも「電子ほたる」に参加したBさん → 2ポイントゲット!

● ポイントカードを作成いただいた際に1つ、10ポイント貯めていただくごとにオリジナル缶バッヂを1つプレゼントいたします!

● 対象は中学生以上です。小学生以下のお子さんはご参加いただけません。

● 「おとなイベント」と表示していないイベントではポイントをおつけすることはできませんので、ご注意ください。

ご用意するプログラムについては、渋谷区ふれあい植物センターさんのものと併せてちょこちょこtwitterで情報をアップしていきますのでお楽しみに。昨年以上に多くのプログラムをご用意する予定です。

もちろん毎年ヴンダーカンマーで人気のある水滴顕微鏡、ハクブツムシも健在です!

○ 博物倶楽部おとなイベント

7月27日(土)28日(日)、8月10日(土)11日(日)

12:00~18:00(土)、12:00~17:00(日)

中学生以上

参加費:1つのプログラムにつき200円(予定)

https://jimbochowunder.tumblr.com

3年前 · #出展情報 #神保町WK #おとなイベント #中学生以上 #大人大歓迎

【連載】電子ほたる誕生物語(その11)

○治具の開発

子供達の工作を見ていると、脚の折り曲げが最大の難関であることが分かりました。

イベントの終了後もメンバーといろいろ話し合いましたが、脚曲げ作業の一番始めにほたるの胴と脚の境目を曲げるところでうまくいかないとその後ずっとその状態が尾を引いて、奇妙な脚を持ったほたるになるようだ、ということになりました。

そこで始めに「コ」の字に曲げるところだけでも何かできないか、というところから始まってその作業用の治具を作ってみようということになりました。

治具といってもたいしたものではなく、木のブロックに脚の材料の針金が入るような溝を切り、その溝に沿って脚の長さに相当するところに印をつけるだけのものです。

試作をして実際に針金を曲げてみてなんとか使えそうということになり、初回は模型用の角材を適当な長さに切り、それに溝をつけて、プリンタで目盛のついたシートを作って貼り付けました。

さあ、これで問題解決と意気込んでイベントに臨みました。

実際に子供達に治具を使わせてみると、治具を上手に使いこなす子供はそこそこ格好がつくようになりましたが、そうでない子供はやはりどうにもならない、というのが正直なところでした。

少々気がかりなのですが個人差は致し方ないということで、何となく妥協してしまって今日に至っています。

それよりも実は治具の耐久性に問題が発生してしまいました。

治具の材料が木というのは初めから不安でしたが、初日が終わった段階で既に肝心の折曲げの角の部分がすり減って角が丸くなってしまいました。

治具は必要な人数分より多く作りましたので、少しでも傷みの少ないものを充当して、なんとかその年だけは切り抜けるようにしました。そして来年のイベントまでに金属の材料を使った治具を作ることにしました。

材料はアルミのアングルを適当な長さにカットしこれに溝を切りました。この治具は増備を重ねて今でも使い続けています。

********************

一緒に実施している立場としては、今ではこの治具なしでの電子ほたるは考えられません。使い方のコツはあっても子供たちはこれのお蔭でうまく形をまとめられています。

定番ワークショップでも、小さな工夫や改善点を少しずつ積み重ねながらいまの形につながっていることのわかるエピソードでした。

【告知/U35向け】2018/5/25博物倶楽部新メンバー募集説明会

昨年まで9月末に行っていた新メンバー募集説明会を、今年は5月末に開催することになりました!どうぞ奮ってご参加ください(^^)今回も学生の方も社会人の方もふくめ【35歳以下対象】で募集いたします。

一緒に科学コミュニケーションの現場を作り上げていきましょう!

○ ~travelling museum~博物倶楽部ってなに?

~travelling museum~博物倶楽部(以下「博物倶楽部」)は、科学に興味のあるメンバーが集まって作った実験・観察・工作といったワークショップを実施しているボランティア団体です。メンバーは年齢、性別、所属などばらばらの学生から社会人、退職者までで成り立っており、さまざまな背景を持った「まちなかの人びと」です。2015年に結成されてから4年間で、首都圏を中心にあちこちの博物館・科学イベントに駆けつけて、40回以上のワークショップを行っています。また、博物館のボランティアとして20年以上現場で活躍してきたメンバーもいます。

○ 博物倶楽部では何ができるの?

実験・観察ワークショップの実施はもちろん、プログラムの作成や運営までいろいろな角度から経験できます。まずは現場を体験したいという方にも、こんな企画を作ってみたいという方にも活躍できる場面があります。

○ ~travelling museum~博物倶楽部 新メンバー募集説明会2019

・日時:5/25(土)14:00~17:00(13:45受付開始)

・会場:新富区民館8号室和室 

http://chuo7kuminkan.com/about/shintomi.html

・対象:実験・観察ワークショップにご関心のある学生や社会人のみなさん(35歳以下)

・定員:15名

・プログラム(予定):博物倶楽部の概要説明、ワークショップ体験(2プログラム)、意見交換、(終了後希望者にて懇親会)

○ 申込方法

(1)以下の項目をご記入の上、 hcorientation2019★gmail.com 宛(★は@に置き換え)に、5/18(土)までにメールでお申し込みください。

・氏名

・年齢/性別

・ご連絡用メールアドレス

・博物倶楽部にご関心を持っていただいた理由

・懇親会への参加のご希望

(2)activoからの募集もはじめました!(4/15)こちらかもお申し込みいただけます!

https://activo.jp/articles/73373

わからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。