9/19 新宿中央図書館にてワークショップ『燃料電池ってなんだろう?』開催!

~travelling museum~博物倶楽部の初出し企画『燃料電池ってなんだろう?』を行います!

今回は新宿中央図書館と「そらとだいちの図書館」とのコラボレーション企画第二弾です!(今回もお世話になります。)

★新宿中央図書館、「そらとだいちの図書館」とは?

新宿区・西早稲田にある新宿区立中央図書館は、旧戸山中学校の校舎を利用した、

どなたでも入れる図書館です。

校庭部分は有機野菜の畑とクローバー広場が整備され、

図書館と地域住民の協働により、

地域コミュニティの場「そらとだいちの図書館」として

月に数回、日曜日に一般開放しています。


今回はコラボレーション企画第二弾ということで、9月19日(月祝)に

次世代のクリーンなエネルギーとして注目されている燃料電池について学ぶことのできる

『燃料電池ってなんだろう?』のワークショップを行います。

★燃料電池とは★

水素と酸素が水となる化学反応を使って電気を作るのが燃料電池です。

出てくるのは水だけでとてもクリーンなので研究が進んでいます。

最近は燃料電池車が走っていたり、家庭用の電源としても使われ始めたので、

知っている人もいるのではないでしょうか。


★ワークショップ詳細★

イメージしづらい水素や燃料電池についてわかりやすく解説します!

身の回りにある素材を組み合わせた実験を通して楽しく学びましょう。

もっと知りたいときは図書館で調べてみましょう。

【日時】

 9月19日(月祝)

 1回目:12:00-14:00

 2回目:15:00-17:00  

 ※事前予約制 各定員10人/所要時間:2時間程度を予定

【対象】

 小学校4年生以上中学生まで

【参加費用】

 500円

 ※当日、会場でのお支払いとなります。

【当日の準備】

筆記用具持参、手を拭くもの(ハンドタオル、ハンカチなど)

スマホでPeatixのチケットを表示、または受付メールをプリントしたものをご用意下さい。

【会場】

 新宿区立中央図書館 4階会議室

[所在地]

 〒169-0072東京都新宿区大久保3丁目1-1 

[アクセス]

東京メトロ副都心線西早稲田駅3番出口より徒歩3分
東京メトロ副都心線東新宿駅B1出口より徒歩10分
東京メトロ東西線高田馬場駅5番出口より徒歩18分
西武新宿線高田馬場駅西武戸山口より徒歩18分
JR新大久保駅より徒歩15分
JR高田馬場駅戸山口より徒歩18分

https://goo.gl/maps/F75sKcTvTXZ7bdnZA

 
★お申込はこちらから↓★

peatix応募フォームURL:https://hakubutsuclub0919ndenchi.peatix.com/

※応募は8月28日正午より受付、先着順となります。

※1回目用・2回目用のチケットがあります。開催時刻にご注意の上お申し込みください。

※新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い

 参加当日、検温と健康観察をお願いします。体調不良の場合は参加をキャンセルしてください。

屋内ではマスクを着用し、手洗い手指消毒を行ってください。(理由があってマスクを着用できない場合はお申し出ください。)

スタッフは検温と健康観察の上で参加可否を決定し、換気・消毒を実施いたします。